ゆずの坂

ゆずの坂

映画の感想や思ったことをただただ書いています

実写版「恋は雨上がりのように」- これは夢を諦めた2人がもう一度夢に向かって走り始める作品だ【感想・ネタバレ】

こんにちは、yuzufhanaです!

 

今回は

恋は雨上がりのように

を観てきました!

f:id:hitomishirikaizen1:20180602231056j:plain

 

原作コミックは読んだことがなかったのですが

映画が公開する前にアニメの方を見ました。

 

アニメが面白かったのと

店長役が大泉洋さんということで

今作はとても楽しみにしていました。

 

 

それでは感想・ネタバレとアニメとの相違点を書いていきます。

 

スポンサードリンク

   

 

 

作品紹介

ãæã¯é¨ä¸ããã®ããã«ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ


「恋は雨上がりのように」予告

 

あらすじ

高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて……
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず― 

恋は雨上がりのように || TOHOシネマズ

 

原作:眉月じゅん

監督:永井聡

脚本:坂口理子

 

キャスト

小松菜奈 大泉洋

清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香 山本舞香

濱田マリ 戸次重幸 吉田羊

 

 

大まかな流れ

高校2年生の橘あきら(小松菜奈)は陸上部に所属をしていたがアキレス腱のケガで陸上ができなくなってしまった。

落ち込むあきらは通院先の病院近くにあったファミレスに寄った時にそこの店長でバツイチ子持ち45歳・近藤正己(大泉洋)が優しく接してくれたことをきっかけに恋をした。

 

 

ファミレスでのバイトを始めたあきらはある日、忘れ物をしたお客を走って追いかけたことでアキレス腱の傷が開いてしまい近藤は病院に連れて行った。

 

 

後日、あきらの家にお詫びをしに行こうとした近藤だったが向かっている途中であきらに会い2人で近くのレストランに入った。

そこであきらは近藤に好きであることを伝えるも告白と捉えられなかった。

 

 

数日後、あきらは近藤のことを本気で好きであることを伝える。

近藤が「45歳のおっさんとデートなんか気持ち悪いでしょ?」と言ったらあきらは「デートしてくれるんですか?」とその気になりデートをすることになる。

 

 

デート当日、映画を観てランチを済ませた後に近藤が本が好きなことから近くの図書館へ行くことにした。

図書館であきらは陸上の本、近藤は大学の友達・九条ちひろ(戸次重幸)が書いた小説を借りた。

 

 

近藤はちひろと飲みに行った事をきっかけに小説家をもう一度やってみようと思い始める。

あきらは幼馴染みで陸上部の喜屋武はるか(清野菜名)からアキレス腱をケガしてリハビリの末にあきらの短距離走のタイムを超えそうな倉田みずき(山本舞香)の話を聞かされる。

 

 

ある日、近藤が風邪を引きあきらがお見舞いに行った。

そこで近藤はあきらに友達宣言をする。

 

 

バイト中のあきらの元にみずきがやってくる。

あきらは陸上の夢をもう一度追いかけようと思い始める。

 

 

あきらは陸上部に復帰をして、近藤は小説を書き始めていった。

 

 

 

感想

2時間の中にしっかり収まっていた

僕はアニメしか観ていないのでアニメで考えますが

30分×12話分をうまく2時間にまとめられていた作品でした。

 

変にオリジナル要素を入れてストーリーが崩れていないし

アニメを見た後でも違和感を感じずに観ていられました。

 

配役バッチリ!

実写化によくある

「とりあえず今人気のこの人出しとけ」

みたいなのは今作では感じませんでした。

 

あきら役の小松菜奈さんは最近人気が出ている若手女優ではありますが

表情があまり動かない目つきが怖い、というキャラの特徴があったので

観ていて違和感は一切感じませんでした。

 

 

店長役の大泉洋さんの冴えないおっさん感は

見事なものだと思いました。

 

ここで女性人気を出すために

40代のイケメン俳優なんか使っていたら

観てられなかったですね。

 

人気も実力もある大泉さんだからこそこの配役はよかったです。

 

 

一番しっくりきたのがファミレスのベテラン・久保佳代子役の

濱田マリさんでした。

 

店長に厳しく嫌味ったらしい喋り方をする久保さんの役が

濱田さん以外に考えられない配役でした。

 

濱田さんってホント嫌味ったらしく言う役がうまいですよね!

 

 

アニメとの相違点

話として違和感を感じさせられませんでしたが

アニメとの相違点を書いていきます。

 

吉澤が最初から一緒にバイトしてる

あきらに片思いしている同級生の吉澤タカシ。

 

アニメではあきらがバイトしている事を知ってから

バイトを始めていましたが

そこは端折ってありました。

 

あきらと近藤の初回デートで図書館へ

映画では2人の初回デートで図書館に行っていましたが

アニメではあきらが雨宿りに寄った図書館で偶然会いました。

 

2人が借りた本はどちらも同じものでした。

 

あきらとみずきが接触

あきらが陸上に復帰するきっかけになる倉田みずきですが

アニメではあきらの記録を抜きそうな存在としてしか出ていませんが

映画ではあきらの前に現れました。

 

そしてみずき自身もあきらの走りを見て

リハビリの末に陸上に復帰をしている演出がされていました。

 

 

最後に

映画を観ていない人の中には

「女子高生がおっさんと不倫関係になる話?」

「援交する話だろ?」

と全くの勘違いをしている人が多いのにはびっくりしました。

 

 

この作品は恋愛を絡めつつ

あきらと近藤の2人が一度諦めた夢を

お互いの存在によってもう一度夢に向かって走り始めるお話です。

 

 

ただの恋愛モノではないので

  • 夢があったけど諦めた人
  • 今、夢があって追いかけている人

とかは観てみてはどうでしょうか?

 

 

それでは最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

www.yuzufhana.work

 

www.yuzufhana.work