ゆずの坂

ゆずの坂

映画の感想や思ったことをただただ書いています

「50回目のファーストキス」- 福田雄一が初の純愛モノに挑戦するもやっぱりコメディ色が強かった【感想・ネタバレ】

こんにちは、yuzufhanaです!

 

今回は

50回目のファーストキス

を観てきました!

f:id:hitomishirikaizen1:20180601202025j:plain

 

 

こちらの記事でもオススメとして紹介をしました。

www.yuzufhana.work

 

 

今作は「勇者ヨシヒコ」シリーズや実写版「銀魂」などで有名な

福田雄一監督作品になります。

 

福田監督がラブストーリーを手がけるということで

楽しみにしていた作品です。

 

 

出演者には山田孝之さん、長澤まさみさんをはじめ

ムロツヨシさんや佐藤二朗さんといった福田組の常連を迎えています。

 

 

それでは感想・ネタバレを書いていきます。

 

スポンサードリンク

   

 

 

作品紹介

ã50åç®ã®ãã¡ã¼ã¹ãã­ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ


映画『50回目のファーストキス』予告

 

あらすじ

ハワイのオアフ島。ツアーガイドとして働きながら天文学の研究をしている、プレイボーイの大輔は、ある日、カフェで瑠依という明るくて魅力的な地元の女性と出会う。たちまち意気投合するふたりだったが、翌朝会った瑠依は、大輔のことをまるで覚えていない。瑠依は、新しい記憶が一晩でリセットされるという事故の後遺症を患っていた。そんな彼女に本気になった大輔は、毎日初対面の彼女をあの手この手で口説き落とす。ふたりは毎日恋に落ち、毎日ファーストキスをくりかえす。しかし、ふとした事件で瑠依は自分の記憶のズレに気づき、苦しむことに。 

50回目のファーストキス || TOHOシネマズ

 

監督・脚本:福田雄一

 

キャスト

山田孝之 長澤まさみ

ムロツヨシ 勝矢 太賀 山崎紘菜

大和田伸也 佐藤二朗 

 

 

大まかな流れ

ハワイでツアーガイドをしながら日本から旅行に来た女性を口説いているプレイボーイ・大輔(山田孝之)はある日、カフェで美術教師の瑠衣(長澤まさみ)に会い一目惚れをして仲良くなる。

 

 

次の日、大輔は同じカフェに行き瑠衣と話そうとするが知らない人扱いをされてしまう。

カフェの店員から瑠衣は1年前の交通事故が原因でその日以降の記憶が毎日リセットされる障害があることを教えられる。

 

 

それから大輔は瑠衣に毎日話しかけるがうまくいかず瑠衣の家に向かうことにした。

しかし、そこで瑠衣の父・健太(佐藤二朗)から瑠衣に付き纏わないように言われる。

 

 

健太と瑠衣の弟・慎太郎(太賀)は瑠衣を傷つけないために毎日同じ対応をしていた。

大輔は諦めずに瑠衣との接触を続ける。

 

 

ある時、瑠衣の車の車検が切れたのをきっかけに瑠衣は障害に気づいてしまった。

障害に気づいたこともその日に忘れてしまうことから大輔は前へ進むために瑠衣へ障害のことや自分と出会いを映したビデオレターを渡した。

 

 

その日から毎日、大輔と瑠衣はデートをしては最後にキスをしていた。

大輔は瑠衣のことを好きでありながら昔からの夢だった天文学の研究者になるために論文を書いていた。

 

 

大輔の夢を知った瑠衣はこれ以上迷惑を掛けたくないからとお互いの今まで取っていた記録を全て消して別れることにした。

瑠衣の気持ちを汲んだ大輔のもとに天文学の研究者になるチャンスがやってきて大輔はハワイから離れることにした。

 

 

出発当日、大輔は健太から瑠衣が病院に自ら入院したことを告げられる。

瑠衣のことを忘れらない大輔は飛行機に乗らず瑠衣の病院に向かった。

 

 

瑠衣に会うことができた大輔だったが名前は忘れられていた。

しかし、瑠衣のアトリエに連れていかれるとそこには大輔の似顔絵で並べられていた。

 

 

そして、瑠衣の障害が治ることはなかったが2人は結婚をして子供を作り幸せに暮らしていた。

 

 

 

感想

ただの純愛作品で終わらない福田雄一

純愛作品である今作でしたが

やっぱりそこは福田雄一監督が手がけるだけあって

コメディ色をしっかり入れてありました。

 

まあ福田監督作品が好きな僕からすると

ムロさんや二郎さんが出てくるだけで笑えてしまうのですが(^^;)

 

 

でも、そういうことを関係なしに

笑える箇所が随所に散りばめられていました。

 

今作で福田監督が純愛モノをやると

悲しくなりそうなところに少し笑える要素を入れるのが

洋画的な笑いの入れ方をしているな、と感じました。

 

佐藤二朗PPAP

去年、流行りに流行ったピコ太郎さんのPPAP

二郎さんがアレンジしてやっていたのがとても面白かったです。

 

ハワイ版と称して

ペンとパイナップル、ペンとライチでやっていました。

 

ライチの皮が硬くて

「ペンが刺さらない、硬くて刺さらない…」

と二郎節でやられたら笑いは堪えられませんでした笑

 

中盤のチューの叩き込み

さて、くだらないことを言ってしまいましたが

大輔と瑠衣がデートをしはじめたあたりに

キスシーンが叩き込むかのように入れられていました。

 

いかに2人が愛し合っているかわかるシーンではありましたが

長澤まさみさんとあんなにキスできるのには

羨ましさが爆発してしまいましたね笑

 

 

瑠衣がキスの度に

「最高のファーストキス!」と言っていたのも

別れの際にしたキスで

「最後のファーストキス」と言ったのには悲しくなりました。

 

 

最後に

笑えるシーンが多くあったものの

純愛ラブストーリーとしてしっかりできていた作品でした!

 

夏には実写版「銀魂」の第2弾が控えていますが

その前に福田雄一監督が手掛けた純愛ラブストーリーを観てみるのも

なかなか面白いと思います。

 

 

それでは最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

 

www.yuzufhana.work

 

www.yuzufhana.work