ゆずの坂

ゆずの坂

映画の感想や思ったことをただただ書いています

「坂道のアポロン」- 青春の詰まった感動作品【感想・ネタバレ】

こんにちは、yuzufhanaです!

 

今回は

坂道のアポロン

を観てきました!

 

f:id:hitomishirikaizen1:20180320212351j:plain

 

マンガ原作でアニメも放送されていたようですが

僕はどちらも見てないので

フラットな気持ちで観てきました。

 

 

それでは感想の方を書いていきます!

※ネタバレあり

 

 

スポンサードリンク

   

 

作品紹介

f:id:hitomishirikaizen1:20180320212731j:plain


「坂道のアポロン」予告編

 

あらすじ

医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……
あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長く続かず―*1

 

監督:三木孝浩

原作:小玉ユキ

脚本:高橋泉

 

キャスト

知念侑李 中川大志 小松菜奈

真野恵里菜 山下容莉枝 松村北斗 野間口徹

中村梅雀 ディーン・フジオカ

 

 

一連の流れ

西見薫(知念侑李)は医師として病院に勤めていた。

薫の机には笑顔で写る3人の高校生の写真があり、それを見て薫は高校時代の記憶を思い出す。

 

↓10年前の夏

 

薫は家の都合で都会から田舎の高校に転校してきたがあまりクラスと馴染めなかった。

そこに学校案内をしようと話しかけてきた学級委員の迎律子(小松菜奈に薫は一目惚れした。

薫は律子に屋上の場所を聞き一人で屋上に向かった。

 

 

屋上へ向かうとそこで不良の川渕千太郎(中川大志と出会う。

 

 

 

ある授業中に千太郎が教室にきたことで同級生であることを知る。

帰り道、律子から千太郎と幼馴染であることを伝えられる。

そして薫は律子にレコード店の場所を聞き連れていってもらうとそこは律子の実家だった。

 

 

薫がピアノを弾くことを知った律子は店の地下室に連れていくとそこにはピアノとドラムを叩く千太郎がいた。

そこで千太郎がジャズを刻んだ後、薫に「Moanin'」の前奏を聴かせて挑発をする。

 

 

そこから薫は「Moanin'」の練習をはじめ、授業中にも指で机を叩いていてリズムを刻んでいたのを見た千太郎は薫にセッションを提案する。

 

 

セッションをするため店の地下室に向かうとそこには千太郎が昔から慕っていて東京から帰ってきていたトランペット奏者の淳一(ディーン・フジオカがいた。

そこに律子の父・勉(中村梅雀も来て淳一と千太郎と共にセッションを始める。

千太郎に乗せられて薫もセッションに混ざり、そこから二人は仲良くなり始める。

 

 

ある時、薫は律子と勉強しようと図書館に行こうと誘う。

教会で待ち合わせになり薫が向かうとそこで歌う律子と千太郎がいた。

その後、千太郎に無理やり海に連れていかれる。

 

 

海で遊ぶことになって薫も楽しんでいたがそこで律子が千太郎のことが好きなことに気づく。

休憩中、千太郎がナンパされて困っている女性・百合子(真野恵里菜を見つけて助ける。

その時、千太郎は彼女に一目惚れをした。

 

 

千太郎が百合子に惚れていることに気づいた薫は千太郎を手伝おうとするも力になれず、二人で淳一がよく行く外国人の多いジャズバーに向かった。

 

 

ジャズバーで淳一に会って話しているとそこに外国人が喧嘩を売ってきた。

千太郎が怒り喧嘩になるが暴力では解決しない、と淳一が喧嘩を止めて薫と千太郎と共にセッションを始めて実力を見せつけた。

 

 

そこに百合子が現れて演奏終了後、淳一の元にいって話始める。

それを見た薫は二人が付き合っていたことに気付くが千太郎はその事に気付かずに百合子と話しかけて百合子に頼みごとをされる。

 

 

千太郎はデッサンのモデルになってもらうことが頼みごとで百合子に書いてもらった。

その頃、薫は店の地下室に向かうと律子がいて千太郎が使っているバチが古いのを見て二人でプレゼントする事にした。

 

 

千太郎は百合子に書いてもらった絵を律子に見せたことで律子は百合子と会っていた事を知り落ち込む。

薫と律子が千太郎にプレゼントをするために地下室に向かうと淳一がいてセッションをするために千太郎を待っていた。

すると、千太郎が百合子を連れてきてそれを見た律子は店から出て行き薫は追いかけて行った。

 

 

近くの神社にいた律子を見つけた薫は好きな気持ちが出てしまい気持ちを伝える前に律子へキスをしてしまう。

びっくりした律子は千太郎のプレゼントを置いて去って行った。

 

 

千太郎の元に向かった薫はプレゼントを渡し、自分の持っていないものを持っている千太郎に嫉妬していた気持ちを伝える。

その後、千太郎は薫を連れて教会に向かった。

そこで千太郎は教会の前に捨てられた子供で外国の血が入っていたこともありいじめられたり、昔は家の中に居場所がなかったこと、そしてドラムを叩いている時だけが楽しかった事を薫に伝えた。

 

 

薫が律子に謝ろうと店に向かうも閉まっていた。

その時店の近くで遊んでいた千太郎の妹と糸電話で遊ぶ事になった。

その子が店の中に入っていき糸電話で話していると途中で律子に変わった。

薫は律子に思いを伝えたが律子は返事を言わなかった。

 

 

ある時、千太郎は淳一が店にマウスピースを忘れていて勉から渡すように言われて淳一の家に向かうとそこで淳一と百合子が一緒にいるところを見て二人が付き合っていた事を知った。

 

 

学校登校中、喧嘩をしていた千太郎を見た薫は止めに入る。

しかし、薫が淳一と百合子が知っていたことを自分に伝えてくれなかった事に苛立っていた。

千太郎はそんな薫とは演奏できない、と言って去っていく。

 

 

学校の文化祭準備でクラスの人から律子と仲が良いからという理由で実行委員にされる薫。

千太郎にロックバンドのドラムを加入して欲しいと教室に訪れたバンドマンに薫は「あいつはジャズしかやらない」と言ったが教室にきた千太郎は「やる」と言ってバンドに加入した。

 

 

律子とステージ発表の受付をしていると千太郎がバンドでの出演申請をしてきた。

律子が二人のセッションをまた聞きたいから、と申請書を作っていたが千太郎はその紙を捨てて去って行った。

薫はそんな千太郎を見て追いかけ、初めて千太郎を殴った。

千太郎は反撃して殴ろうとしたがわざと外して去って行った。

 

↓文化祭当日

 

千太郎のバンドが演奏をしている途中に停電した事で一時中断になる。

電線を調べていた薫は千太郎と律子の話を偶然聞き、喧嘩したことを後悔していることを知った。

 

 

電気復旧までの時間稼ぎで一人ピアノを弾き始める薫。

それを聴いていた千太郎はドラムを叩き始めてセッションが始まった。

この演奏は文化祭で一番の盛り上がりをみせて終わった。

 

↓文化祭が終わり、クリスマスの時期へ

 

クリスマスに教会でジャズライブをする事になった二人は律子をボーカルに迎えてライブをすることが決まった。

 

↓クリスマス当日

 

本番当日、千太郎が薫を迎えにいく途中に律子に会い、律子を原付に乗せて一緒に迎えにいく事になった。

薫の家に向かう途中、二人は車と衝突事故に遭い、律子は意識不明になり、千太郎は腕をケガしてライブは中止になった。

 

 

千太郎が落ち込んで教会に行っていることを知った薫は教会に向かった。

薫は自分のせいで律子があんな事になった、と自分を責めてる千太郎をなだめた。

その後、二人は病院に戻ると律子が意識を取り戻したが千太郎はその日を境に姿を消した。

 

↓10年後

 

薫の病院に結婚した淳一と百合子が現れて一枚の写真を見せてくれた。

その写真を見た薫は写真を持って律子の元に訪れた。

写真には教会にいる千太郎の姿が写っていた。

 

 

千太郎がいる教会に向かう途中、律子は薫に告白された時の返事をしようとした時に教会の方からドラムを叩く音が聞こえ二人は向かう。

 

 

そこには子供達の前でドラムを叩く千太郎がいた。

10年越しに薫と千太郎はセッションをして、律子も歌った。

 

 

感想

演奏シーン

ジャズは疎いのですが

演奏シーンは圧巻でした!

 

公式サイトによると

知念、中川は本作の出演にあたり、約10ヶ月におよぶ楽器の猛特訓を重ね、その努力の結果として奇跡に近いセッションシーンを魅せます。*2

ということだそうです。

 

二人が今までに楽器経験があるのかは知らないのですが

少なくとも素人目で見た感じで違和感はなくて

とても素晴らしい演奏でした( ^ω^ )

 

 

ディーン・フジオカさんの

トランペットや英語での歌唱はとにかくカッコ良かった!!

 

僕が女性なら惚れますね笑

 

 

こういういった楽器の演奏を見てると

自分もやりたくなってきます(^^)

 

 

The青春モノ

友情、恋、音楽と

青春が詰まった作品でした。

 

明るくない青春時代を過ごした僕からすると

眩しすぎるぐらいでした(^◇^;)

 

でもこういう作品を見てると

自己投影をして青春を味わえる感覚があるので良いですね!

 

 

最後のシーンはちょっとな〜

最後のシーンである千太郎の元に訪れるシーンですが

個人的には少し納得できませんでした。

 

終わり方に違和感があったとかではないのですが

劇中何度も「Moanin'」を弾いてるのに

最後になかったのが少し残念でした。

 

まあ話の流れ的にはしょうがないのかな〜

 

 

最後に

最初にも言ったのですが

マンガ原作とアニメを見ずに今作を観ました。

 

なのでどれだけ忠実に再現したのかとかはわかりません。

 

他の映画のレビューまとめを見てみると

原作ファンも納得の作品のようなので

なかなか再現できていると思います。

 

これを機に原作、アニメを見てみようかな〜

 

 

とても感動する作品なので

涙活をしたい方は観に行ってみてくださいね!

 

 

それでは最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

原作

坂道のアポロン(1) (フラワーコミックスα)

坂道のアポロン(1) (フラワーコミックスα)

 

 

挿入歌

Moanin'

Moanin'

  • Original Soundtrack
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

主題歌

gyao.yahoo.co.jp

※配信期間が未定のため急に終了する可能性があります。

 

 

www.apollon-movie.com