ゆずの坂

ゆずの坂

映画の感想や思ったことをただただ書いています

「さよならの朝に約束の花をかざろう」- 2人の成長と人生が描かれた物語【感想・ネタバレ】

こんにちは、yuzufhanaです!

 

一昨日の夜になりますが

さよならの朝に約束の花をかざろう

を観てきました!

 

途中まで観ようか迷っていたのですが

Twitterで流れてくる感想を見て

観に行くことを決めました(^^)

 

 

それでは感想を書いていきます!

※ネタバレあります

 

 

スポンサードリンク

   

 

作品紹介

f:id:hitomishirikaizen1:20180313213807j:plain

 


映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』予告編

 

あらすじ

縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。そんな彼らの日々は、一瞬で崩れ去る。イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨りメザーテ軍が攻め込んできたのだ。絶望と混乱の中、イオルフ一番の美女レイリアはメザーテに連れさられ、マキアが密かに想いを寄せる少年クリムは行方不明に。*1

 

監督・脚本:岡田麿里

 

キャスト

マキア:石田舞菜香

エリアル入野自由

レイリア:茅野愛衣

クリム:梶裕貴

ラシーヌ沢城みゆき

ラング:細谷佳正

ミド:佐藤利奈

ディタ:日笠陽子

メドミル:久野美咲

ゾル杉田智和

バロウ:平田広明

 

 

一連の流れ

10代半ばで見た目の成長が止まり、数百年の寿命を持つマキアたちイオルフの民は日々ヒビオルという布に日々の出来事を織って暮らしていた。

マキアは仲間に囲まれているものの両親がいないことからひとりぼっちを感じていた。

ある日イオルフの民の元に一族の長寿の血筋を求めてレナトという古の獣に乗ってメザーテ軍が攻めてきた。

そこで一頭のレナトが突如病気で暴れ出しヒビオルが体中に絡まり、近くにいたマキア

は巻き込まれ連れ去られる。

 

 

レナトは力尽き森の中に墜落したがマキアは運よく助かる。

しかし、帰る場所がなくなり途方にくれ森の中を歩いていると赤ちゃんの泣き声が聞こえ、そこに向かうと親が盗賊に殺されひとりぼっちになった赤ちゃんがいた。

そこからマキアは赤ちゃんと一緒に生きてくことを決める。

 

 

赤ちゃんにミルクを飲ませようとたまたま訪れた家に住むラングや母親のミドと出会いそこで赤ちゃんの名前を「エリアル」と名付け一緒に暮らすことになった。

 

 

エリアルが少しずつ成長していくものの見た目が変わらないマキアに周りからは変な目で見られるようになった。

ある日、マキアは店でヒビオルで幼馴染で親友のレイリアがメザーテの王子に嫁ぐことを知り、幼いエリアルを連れてメザーテに向かうことにした。

 

 

メザーテに行くと同じイオルフの民であるクリムや仲間たちに会いレイリアの救出を計画する。

そして、見事レイリアを助けたマキアだったがレイリアのお腹にはすでに王子の子を授かっていて逃げれないことから計画は失敗し、マキアはエリアルを連れて仕事探しをする。

 

 

マキアのその見た目から同じ場所に長居することはできずいろいろな町を転々とする。

そしてエリアルも働けるほど成長し、ある場所で暮らしていたところメザーテ軍の兵隊になったラングに出会う。

 

 

しばらくしてマキアはラングから告白されるもエリアルの母でありたい、と言って断る。

しかし、エリアルはマキアのことを母として見られなくなったのとマキアのことを守れない気持ちからラングに軍への入隊を紹介してもらう。

 

↓一方その頃

 

王子とレイリアの間に産まれたメドメル。しかし、イオルフの特徴が見られないことから王子はメドメルと会うことを拒み、レイリアはメドメルを産んでから一室に閉じ込められ孤独を感じて過ごしていた。

 

↓数年後

 

エリアルはメザーテ軍の兵士として成長し、そこで会った幼馴染のディタと結婚をしていてお腹の中には子供を授かり父親としての自覚を持ち始めた。

その時、マキアはクリムと再会し、再びレイリア救出のため隣国の軍と共にメザーテに再び攻め込むことになった。

 

 

戦争が勃発し、クリムはその混乱に乗じてレイリアの救出に向かうもレイリアに断られ心中を図ったがメザーテ軍のゾルによって射殺される。

その時、マキアはディタの呻き声を聞き出産に立ち会い、無事子供は産まれた。

その頃、エリアルは戦っている最中で健闘するも重傷を負い倒れる。

 

↓戦争終結

 

メザーテ軍は隣国によって攻め落とされた。

エリアルが目を覚ますとそこにはマキアがおり、子供が生まれたことを伝えて別れを告げ去って行った。

 

 

王子たちに見捨てられたメドメルは城の上にいたところ、そこにレイリアが現れ親子の再会を果たすがレイリアは城から飛び降りる。

そこに城に一頭だけ生き残っていたレナトに乗ったマキアがきてレイリアを救出し、一族の里に帰って行った。

 

↓数十年後

 

娘と孫と暮らす老衰したエリアルの元に見た目が全く変わらないマキアが訪れた。

 

眠るエリアルに出会った頃、赤ちゃんだったエリアルを包んでいたヒビオルをかける。

泣かないように我慢したマキアだったが、家を出たところで耐えきれずに涙を流した。

 

 

感想

マキアとエリアルの成長

この話はマキアとエリアルが出会いから別れまでを描いた作品です。

 

その中でマキアはエリアルの母親として

そしてエリアルは1人の男として成長していきます。

 

 

マキアの母親としての葛藤

両親がいないマキアは

母親がどういうものかを知りませんでした。

 

最初は「母親としてしっかりできているのか?」

常に悩んでいました。

 

しかし、ミドと出会い一緒に暮らしていく中で

母親とは何かということを知っていきました。

 

泣き虫だったマキアが

エリアルの前で泣かないと約束してから

常にエリアルのために働きどんな時にも笑顔で接していて

時が経つに連れて母親として成長しているように見えました。

 

マキアを見てると

自分の母親も辛い事があっても

子供の前では見せないようにしているのかな〜

と思い、母親というのは強いなーと感じました。

 

 

エリアルの男としての成長

エリアルは成長していくうちに

マキアの姿が全く変わらないこと

本当の母親じゃないことに気づいていきます。

 

その事もあり、

マキアのことを母親として見れなくなりました。

 

それでもマキアが母親として振る舞っていること、

自分がマキアのことを守れるほど強くないことから

憤りを感じ始めます。

 

そこからマキアを守れるくらい強くなるために

ラングに頼み軍への入隊を決めます。

 

軍に入ってからは

マキアのことを心配しているものの

幼馴染のディナに出会い結婚して子供を授かってからは

夫として父親として家庭のことを考えるようになりました。

 

 

マキアのために強くなろうとして、

結果的に家族のために強くなれたエリアル

男として成長したなーと感じました(^^)

 

 

走馬灯で涙腺崩壊

ラストシーンである

老衰したエリアルの元に訪れたマキアが

ヒビオルをエリアルに掛けて家を出た後の

マキアとエリアルの過ごした日々を

走馬灯のように流したシーン。

 

過ごした日々の映像が流れながら

マキアとエリアルのセリフがたくさん流れてくるのですが

そこでめちゃくちゃ泣きましたT_T

 

2人の辿った軌跡をもう一度

最後に見せてきた演出にはなんとも言えないほど感動しました!

(語彙力が欲しい…)

 

最後までエリアルのことを母親として愛してきて

子供が自分よりも先に死んでしまい

本当の別れになるのはマキア自身とても辛いことだと思います。

 

それでもマキアは落ち込まずに

前を向いて進んでいくのを見て

これが母親の強さか!と改めて思いました

 

 

最後に

観終わった後にPVを見て泣き

この記事を書きながらも何度も泣きそうになりました。

 

 

この作品は

生命の尊さや人生そのものを全部描いた作品だと感じました!

 

アニメ好きに限らずいろんな人に見てもらいたい作品です!!

 

老若男女で感じ方も違うと思うので

ぜひ、観てみる事をお勧めします。

 

 

今回監督と脚本を手がけた岡田麿里さんと言えば

「あの花」「ここさけ」の脚本を担当しています。

 

僕自身は「ここさけ」をテレビで見たのですが

「あの花」は見た事がありませんでした。

 

なので今日から

「あの花」を見ていくことにしました(^^)

(どうでもいい宣言ですかね笑)

 

 

それでは最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

sayoasa.jp

 

 

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』オリジナルサウンドトラック

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』オリジナルサウンドトラック

 

 

 

こちらも一緒に

www.yuzufhana.work

www.yuzufhana.work