ゆずの坂

ゆずの坂

映画の感想や思ったことをただただ書いています

「ペヤング 超超超大盛り」が意外と食べれちゃう件

こんにちは、yuzufhanaです!

 

今日は買っておいて全然手を出していなかった

ペヤング 超超超大盛りを食べてみました。

 

発売が発表された時は

カップ焼きそばで一番好きなペヤングを一度で大量に食べれるから

すごく嬉しかったです!

 

f:id:hitomishirikaizen1:20180806143456j:plain

しっかり注意書きがあっておもしろいですね笑

 

 

ペヤング普通サイズでは4個分、

ペヤング超大盛サイズでは2個分となる大きさになります。

 

今まで超大盛で満足するぐらいの量だったので好きとは言え

「キツそうかな?」と思いながら挑戦してみました。

 

 

まずラベルを剥がして中身を出してみると

f:id:hitomishirikaizen1:20180806144208j:plain

 

かやくは超大盛よりも結構多く感じましたが

ソースはあまり変わらないかな?という印象です。

 

ふりかけとスパイスに関しては

普通サイズと量が変わらないんじゃないかな〜

 

 

まあ何よりも驚いたのは

お湯の量

f:id:hitomishirikaizen1:20180806150201j:plain

1300ml

小さいポットじゃまずお湯が足りないですね笑

 

 

それではお湯を入れて3分待ちます。

 

…。

……。

………。

 

3分経過。

 

お湯を捨てるのですが

これがなかなかの重さ!!

 

2キロ近くはあるんじゃないかな?

湯切り史上一番力を入れましたね笑

 

 

そして開けてみると

この時点でなかなかの量を感じました。

f:id:hitomishirikaizen1:20180806150503j:plain

※ここからはあまり代わり映えのない写真になりますのでご了承ください。

 

 

ソースを混ぜて早速頂いていきます。

飽きることを想定してふりかけとスパイスは入れませんでした。

量が多いからイマイチ満遍に混ぜられませんね。

f:id:hitomishirikaizen1:20180806151209j:plain

 

 

味の方はどうかというと

もちろんペヤングのあの味!

 

食べ始めてみると好きだから

食べるのが止まりませんでした。

 

 

4分の1くらいまで食べたところで

ふりかけとスパイスを投入。

f:id:hitomishirikaizen1:20180806152046j:plain

 

やっぱこの2つを入れないと

真の美味さは味わえないです。

 

 

黙々と食べ続けだいたい半分くらいを食べた頃

味に飽きてきました(^^;;

 

そこで味を少し変えるために

スライスチーズを乗せてみました。

f:id:hitomishirikaizen1:20180806152709j:plain

 

チーズを乗せたことで濃厚さが出てきて

より美味しくなりました!

 

ペヤング×チーズは強いな!!

 

 

チーズのおかげで食べ進められてきましたが

あともう少しのところで

満腹度と飽きがやってきました。

 

ここで最終兵器

マヨネーズを投入!

f:id:hitomishirikaizen1:20180806153055j:plain

 

焼きそばにマヨネーズは

やっぱり王道!

 

チーズとも相まって美味しさが倍増しました。

 

 

とはいえ、食べ進むにつれて

付け足したものが濃厚なこともあり

だいぶキツくなってきました(^^;)

 

あと2口が進まない。

f:id:hitomishirikaizen1:20180806153458j:plain

 

 

しかし、重い腰ならぬ

重い箸を持っていざ口に流し込みます。

 

 

 

遂に、

遂に完食しました!!

f:id:hitomishirikaizen1:20180806153647j:plain

 

ちなみに食べるのに掛かった時間は

30分でした。

 

 

食べて思ったのは

キツイとはいったものの

思ったよりはキツくありませんでした。

 

一番の敵は量よりも飽きやすさですね。

 

僕の場合、味の変え方があまりよくなかったかな〜

 

 

食べれる人の目安でいえば

すき家のメガ牛丼を食べれれば普通に食べれるかと思います。

 

 

普通に食べれるといっても

これ1食で成人男性が1日に必要なカロリーと同じくらいなので

食べ過ぎには気をつけくださいね!

 

 

 

それでは最後まで読んでいただき

ありがとうございました!