ゆずの坂

ゆずの坂

映画の感想や思ったことをただただ書いています

【感想】「未来のミライ」- くんちゃんの成長と「家族の愛」の物語

こんにちは、yuzufhanaです!

 

今回は

未来のミライ

を観てきた感想を書いていきます。

 

 

この夏、一番の話題作となる今作。

 

細田守監督作品ということで

期待値が高い作品になりますね。

 

ちなみに僕が今まで観た作品は

サマーウォーズ」のみなので

なかなかのミーハーです笑

 

 

それでは感想を書いていきます!

※ネタバレあります

 

スポンサードリンク

   

 

 

 

作品概要

f:id:hitomishirikaizen1:20180728230439j:plain

 

監督・脚本・原作:細田守時をかける少女」「サマーウォーズ

オープニングテーマ・主題歌:山下達郎/ミライのテーマ・うたのきしゃ

 


「未来のミライ」予告3

 

あらすじ

甘えん坊のくんちゃんは両親に可愛がられてきました。

 

ある日、くんちゃんの元に妹となるミライちゃんがやってきたことで両親に構ってもらえなくなります。

 

ヤキモチを妬いたくんちゃんが怒って庭に出るとそこには見慣れない風景がありました。

 

そこで未来からきたミライちゃんに出会ったことで家族の愛や今の自分が存在する理由を知っていき、くんちゃんは成長していきます…。

 

キャスト

 

 

全体の見どころ

1、4歳児、くんちゃんがリアルな甘えん坊

f:id:hitomishirikaizen1:20180729223006j:plain

引用元:「未来のミライ」予告2 - YouTube

 

くんちゃんの甘えん坊ぶりがリアルすぎました笑 

 

今まで両親が自分だけを可愛がってきてくれたのに

ミライちゃんがきてからは相手をしてもらえません。

 

だから構ってもらおうと

寝ているミライちゃんにいたずらをしたり、

おもちゃを散らかしたりします。

 

僕には姪っ子と甥っ子がいるのですが

お姉ちゃんになる姪っ子は甥っ子が生まれてから

同じようなことをしていました笑

 

今作で描かれたくんちゃんは

見事に4歳児の姿が描かれていたのがよかったです。

 

2、家族のつながりを実感させられる

f:id:hitomishirikaizen1:20180729232756j:plain

引用元:「未来のミライ」予告2 - YouTube

 

くんちゃんは未来から来たミライちゃんと出会ったことで

過去と未来の家族を見ることになります。

 

  • 幼い頃のお母さん
  • 戦争で足を怪我した青年時代の曽祖父
  • 未来のくんちゃん

 

時代ごとの家族を見ることで

くんちゃんは子供ながらに家族に対する気持ちが変わっていきました。

 

それと同時にその時代に家族がやった些細なことがあったから

今の自分が存在することをミライちゃんに教わります。

 

 

お父さんとお母さんがいるから自分が存在する、

お父さんにもお父さんとお母さんがいるから存在する、

当たり前のことなんだけど

今作を観て改めて家族のつながりを実感させられます。

 

3、くんちゃんの成長に泣ける

f:id:hitomishirikaizen1:20180729224536j:plain

引用元:「未来のミライ」予告2 - YouTube

 

 

甘えん坊で泣き虫だった、くんちゃんが

少しずつ成長していく姿が泣けてきます。

 

公園に行って自転車の練習をするシーンは特に感動します。

 

補助輪で自転車に乗っていたくんちゃんが

補助なしで自転車を漕いで遊んでいる子供たちを見て

お父さんに補助輪を外してもらいます。

 

お父さんに教わりながら自転車に乗る練習をしますが

なかなか上手く乗れません。

 

公園にはミライちゃんも連れてきていたのですが

途中でミライちゃんが泣いてしまい、

お父さんはミライちゃんをなだめ始めます。

 

そんなこともあり、

その日はくんちゃんが自転車に乗れることはありませんでした。

 

 

ある日、くんちゃんは過去の曽祖父に会う出来事がありました。

 

そこでくんちゃんはバイクに乗せてもらいますが

最初は怖くて目をつぶって俯いてしまいます。

 

一緒に乗っていた曽祖父に

「何があっても遠くだけを見ろ」と言われて勇気を出して前を見続けます。

 

すると、くんちゃんはだんだんと怖さがなくなりました。

 

 

後日くんちゃんはもう一度、自転車の練習をします。

 

馬に乗った時のように前だけを見て漕いでいきます。

 

最初は転んでいたくんちゃんが何度も何度も繰り返し練習をしたことで

自転車に乗れるようになりました。

 

 

転んでも転んでも諦めずに練習を続けたくんちゃんを見ていると

感動して涙が出てきました。

 

自分に子供ができたらこの成長する姿にもっと感動しそうですね。

 

 

 

総評

身近に幼児がいる人は特に楽しめる作品です!

 

くんちゃんをその身近にいる幼児と重ねてみることで

子供の自由さや嫉妬心などが感じられて面白いです。

 

  • 家族の愛とは何か?
  • 今の自分がなぜ存在しているのか?

というのを考えさせられました。

 

家族のことを考えて見れる人は

とても楽しめる作品ではないでしょうか?

 

 

それでは最後まで読んでいただき

ありがとうございました!