ゆずの坂

ゆずの坂

映画の感想や思ったことをただただ書いています

「レディ・プレイヤー1」- VRの世界が主軸になるのも近いかも【感想・ネタバレ】

こんにちは、yuzufhanaです!

 

今回は

レディ・プレイヤー1

を観てきました。

 

今作は

「ジェラシックパーク」、「インディ・ジョーンズ」、

バック・トゥ・ザ・フューチャー」などで有名な

スティーヴン・スピルバーグ監督が務めた作品です。

 

 

それでは感想・ネタバレを書いていきます。

 

 

スポンサードリンク

   

 

作品紹介

f:id:hitomishirikaizen1:20180426214250j:plain


映画『レディ・プレイヤー1』日本限定スペシャル映像【HD】2018年4月20日(金)公開

 

あらすじ

OASIS(オアシス)>に隠された宝の卵を見つけレースを勝ち抜け!
そう遠くない未来。バーチャル世界の理想郷OASISだけが若者たちの希望となっていた。そこでは、想像したことすべてが現実になり、誰でも何にでもなれるからだ。ある日、OASISを作り上げた天才にして大富豪の男から、全世界に向けて遺言が発信される。広大なOASISのどこかに隠された宝の卵を見つけた者は、OASISの後継者となれるというのだ! いま、全人類参加のトレジャー・ハンティングが始まる! 

レディ・プレイヤー1 || TOHOシネマズ

 

監督:スティーヴン・スピルバーグ

原作・脚本:アーネスト・クライン「ゲームウォーズ」

脚本:ザック・ベン

 

キャスト※()内は吹替声優

ウェイド・オーウェン・ワッツ / パーシヴァル:タイ・シェリダン(KENN)

サマンサ・イヴリン・クック / アルテミス:オリヴィア・クック(坂本真綾

ジェームズ・ドノヴァン・ハリデー / アノラック:マーク・ライランス後藤哲夫

ヘレン・ハリス / エイチ:リナ・ウェイス(斉藤貴美子

トシロウ:森崎ウィン

ショウ:フィリップ・ツァオ(松岡禎丞

ノーラン・ソレント:ベン・メンデルソーン楠大典

アイロック:T・J・ミラー佐藤せつじ

オグデン・モロー:サイモン・ペグ(山寺宏一

フナーレ:ハナ・ジョン=カーメン(茅野愛衣

リック:ラルフ・アイネソン(玄田哲章

アリス:スーザン・リンチ(高島雅羅

短髪シクサー研究員(三ツ矢雄二

暗号を解読する研究員(日高のり子

 

 

一連の流れ

両親を早くに亡くし、叔母と一緒に荒廃した街で暮らしているウェイドパーシヴァルの名前で日々、VRの世界<オアシス>で楽しんでいた。

 

 

ある日、<オアシス>の創設者、ジェームズ・ハリデーが亡くなり、彼の遺言が全世界に配信された。

その中身は<オアシス>に隠された3つの謎を解き、鍵を見つけてイースターエッグを手に入れた者に全財産56兆円と<オアシス>の後継者になれる、というものだった。

 

 

ハリデーが亡くなって3年、誰も鍵を見つけることができなかったが鍵のありかとなる誰1人クリアした者がいない超難関なレースゲームが開催されるステージだけが見つかっていた。

ウェイドは仲間のエイチと共に出場をする。

 

 

今回のレースでも誰もクリアできなかったがそこでウェイドは謎の美女・アルテミスと出会う。

ウェイドは一目で彼女に惚れた。

 

 

ウェイドは謎を解くためにハリデーの今までの記憶が残っている場所に行った。

そこでハリデーが言った言葉をヒントに再度レースに参加をした。

 

 

ウェイド以外の全員がスタートをした中、ウェイドはスタートせずに全力でバック走行を始めた。

すると、後ろに突如隠しコースが現れて簡単にゴールすることができた。

そして、ウェイドは1つ目の鍵と次の鍵の手がかりを手に入れる。

その後、ウェイドはアルテミス、エイチ、そして仲間のダイトウショウにも鍵の手に入れ方を教える。

 

 

この時、<オアシス>を手に入れて世界を支配して、全てを手に入れようと目論む巨大企業「IOI社」の社長、ノーラン・ソレントがウェイドたちを始末しようと考えていた。

そしてソレントはアイロックウェイドの始末を依頼した。

 

 

次の謎を解こうとウェイドはアルテミスと共に再度、ハリデーの記憶を探りに行く。

そこでハリデーが好きだった女性が好きなことがヒントだとウェイドは考えた。

この時ウェイドは他の映像には女性の名前が出ていないことを指摘したことで案内人からコインをもらう。

彼の好きだった女性はダンスが好きだとわかり、アルテミスはウェイドをナイトクラブに誘った。

 

 

ナイトクラブに行って2人でダンスをしてみるも特に何も起こらなかった。

しかし、踊っているうちにウェイドはアルテミスに自分の気持ちを伝え始めて勢いで本名を喋ってしまう。

ウェイドを追って来ていたアイロックはそれを聞き、ウェイドの現実での居場所を特定する。

 

 

ある日、ウェイドの元にソレントから会社への誘いの連絡が来た。

ウェイドは誘いを断ったことでソレントはウェイドが住む家に爆弾を仕掛け爆発させた。

家にいなかったウェイドは助かるが仲間にも身の危険を感じ、連絡を取ろうとするも背後から謎の男に眠らされてしまう。

 

 

目が覚めるとそこにはVR世界ではアルテミスを名乗っていた、サマンサがいた。

サマンサは「IOI社」に父親を殺されており、「IOI社」の陰謀を阻止するために反乱軍を作っていた。

 

 

ウェイドとサマンサは2つ目の鍵のありかはハリデーがデートで観に行ったホラー映画「シャイニング」に隠されていると考え、鍵を持った仲間を集めてハリデーの記憶にある「シャイニング」を観に行く。

 

 

映画で起きた様々な出来事が起こりながらも鍵のありかとなるハリデーの好きだった女性を見つけて2つ目の鍵と3つ目の鍵の手がかりを手に入れる。

 

 

3つ目の鍵の謎を考えていたウェイドたちの基地に「IOI社」の隊員が突入してくる。

サマンサは自分が囮になりウェイドを逃した。

 

 

ウェイドは基地から逃げるとエイチを名乗っていたヘレン、ダイトウを名乗るトシロウ、ショウに助けられる。

そして4人はサマンサ奪還と3つ目の鍵を見つけるために作戦を立てた。

 

 

その頃、ソレントは3つ目の鍵のありかがわかり、あとは謎を解くだけとなった。

サマンサは強制的に〈オアシス〉に入れられて働かされる。

 

 

ウェイドたちは「IOI社」のコンピューターをハッキングすることに成功し、鍵のありかとサマンサの自由を確保することができた。

 

 

ウェイドは〈オアシス〉内のプレイヤー全員に呼びかけ「IOI社」との全面対決を開始した。

 

 

仲間や他のプレイヤーのおかげもあり、3つ目の鍵のありかへとウェイドはたどり着いた。

現実世界ではソレントがウェイドたちを始末するために刺客を送り出した。

 

 

ウェイドは3つ目の鍵の謎を解こうとするがソレントが現れ、邪魔をされる。

ソレントを追い込むことに成功するがプレイヤーを全滅させる爆弾を使われてしまう。

 

 

全てが終わったと思ったその時、ウェイドだけは案内人からもらったコインの効力で生き残っていた。

そして3つ目の謎を解き、鍵を手に入れた。

その頃、現実世界でのソレントは自らウェイドたちの始末をするために銃を持って向かった。

 

 

ウェイドの前に現れた扉を開けるとハリデーが現れ、<オアシス>の所有権と全財産をもらうだけとなった。

しかし、現実世界ではソレントたちが妨害を仕掛けて来た。

 

 

すると、そこに警察が来たことでソレントは捕まり、ウェイドは無事<オアシス>の所有権と全財産を手に入れてサマンサたち仲間とともに運営をしていくことになった。

 

 

感想

VRと現実をしっかり繋げている

観る前の予告映像だけだと

VR内での出来事だけで話が進むものだと思っていました。

 

でも観てみると

VR内で狙われるだけでなく現実世界でも狙われるというのが

見事リンクさせてあって観ていてリアルに感じました。

 

実際にこういうことが将来に起きてもおかしくないかもしれませんね。

 

夢見る世界観

最近、VRを使ったゲームが出来ていますが

基本的に目で楽しむものですよね。

 

しかし、この作品の世界観は目だけでなく

体全体がVR世界の中に入れるので

実際に体を動かしてゲームをプレイしていました。

 

なのでウェイド場合は体をチューブで固定して

足元には全方向に進むことができるベルトが敷かれていました。

 

完全にVRの世界に飛び込めるとこが

夢のようだけど近い将来本当に出来そうなので

見ていてとても興奮しました!

 

まあ実際、出来るようになったら廃人が増えそうだけど^^;

 

キャラ探しが面白い

今作の見どころの1つ

他の作品のキャラが随所に出てくるところです。

 

僕がわかったものだと

 

日本のアニメやゲームなどのキャラクターが出ていました。

 

そして特に興奮したシーンは

ガンダムメカゴジラの戦うシーンです。


スピルバーグが日本のファンだけに公開!“メカゴジラVSガンダム”夢の戦闘シーン/映画『レディ・プレイヤー1』本編映像

 

 

他にも調べてみると

 

といったキャラたちも出ていてようなので

探してみると面白いですね!

 

 

最後に

映画としてのエンターテインメント性だけではなくて

近い将来本当に起きてもおかしくない内容

とても面白かったです!

 

映画内で

「現実は本当のリアルだからいい」という言葉が出て来たのですが

良いことも悪いことも実際に体験できるから

仮想世界に逃げてばかりじゃつまらないな〜、と思いました。

 

近い将来、この作品のようなゲームができるかもしれませんが

仮想世界にばかり閉じこもらないで

現実世界も楽しんで行きたいですね!

 

 

それでは最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

  

www.yuzufhana.work