ゆずの坂

主に映画とアニメの感想を書いてます。

アトラクション化する映画館『MX4D』を体験してみた

こんにちはyuzufhanaです!

 

実写版「鋼の錬金術師」を観に行ったときに

初めて巷で話題の

MX4Dを体験しました!

 

実写版「鋼の錬金術師」の感想はこちら

www.yuzufhana.work

 

 

 

 

スポンサーリンク

   

MX4Dって何?

そもそもMX4Dとはなんなのか?

f:id:hitomishirikaizen1:20171207171704j:plain

 

TOHOシネマズではこう答えています。

“MediaMation MX4D”とは、エンタテインメントの本場米国ロサンゼルスに本社を構え、4D/5Dモーション・エフェクト・シアターとシートの特許を持ったリーディングサプライヤーでありメーカーのMediaMation社が開発した、3D映画を超える最新の「体感型」4Dシアターシステムです。映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くとともに、風、ミスト、香り、ストロボ、煙や振動など五感を刺激する特殊効果が11種あり、これらが連動することによって、通常のシアターでは決して味わえない「アトラクション型の映画鑑賞スタイル」を実現。“MediaMation MX4D”の登場によって、映画は「観る」から「体感する」に変わります。*1

 

まあ要するに

ただ観るだけじゃなくて映像の中と同じ体験をしよう!

と言ったコンセプトですね。

 

 

ディズニーランドに行ったことがある人なら

スター・ツアーズを思い浮かべてもらえばわかります。

 

 

同じようなものに4DXもあります。

 

席はこんな感じに

席は普通の席と違い

床から一段登って座る感じです。

 

 

構造は以下の写真のようになっています。

f:id:hitomishirikaizen1:20171207172115j:plain

 

席自体が上下左右に動きます。

 

 

右の肘掛けのドリンクを置くあたりから

軽い水しぶきが飛んできたり

自然な風が吹いてきたり

香りが出てきたりします。

 

 

左の肘掛けのドリンクを置くあたりからは

突風が吹くようになっています。

 

 

足を乗せる場所、座っているシートの下、背もたれには

マッサージ機のように押してくる感覚があります。

 

 

首筋のあたりからも

風のようなもので誰かが触ってくるような感じがあります。

 

 

劇場自体にも仕掛けがある

席だけでなく劇場内にも映画を盛り上げる

演出があります。

 

 

雷など電気が光るようなシーンでは

劇場内に青白いライトがピカピカ光ります。

 

 

火事などで煙が出ているシーンでは

スクリーンの前に白い蒸気がモクモクと出てきます。

 

 

体験してみて

体験してみての感想は

本当にアトラクションみたいで楽しかったです。

 

 

普通に映画を観るのと違い

より映画の世界に入れる感じがあるので

観ていて飽きませんでした。

 

 

それと席が動いたりするということもあり

座席数は普通の映画と比べてだいぶ少なくなっていました。

 

 

楽しいんだけども

やっぱ楽しいんだけど気になる点もありました。

 

席の材質

普通の映画だと疲れないように毛で作られた席ですが

MX4Dの場合は席が動いたり水で濡れることもあるのか

ツルツルした革でできてます。

 

なので自分の履いてる材質によっては

席の揺れで滑って落ちそうになるので

観に行くときは気をつけた方がいいです。

 

世界観には入れるが…

シーンごとに席が動いたりするので

映画の世界観には入れるのですが

席の動きで人によっては気が散るかもしれません。

 

内容をしっかり観たい人には

オススメできませんね。

 

値段設定

これは仕方のないことではありますが

映画鑑賞料金が少し高いです。

 

劇場によって値段が変わるかもしれませんが

一般料金、TOHOシネマズ新宿の場合

 

普通の映画鑑賞料金が1800円のところ

MX4Dの場合は2600円になります。

 

普通の鑑賞料金から+800円になります。

 

まあ高いアミューズメントパークに行くよりは

安くアトラクションを楽しめる、と思えばいいかな^^;

 

 

最後に

新たな映画の見方としておもしろいです。

 

 

観たことない映画の楽しみ方なので

一度は体験してみるのもいいと思いますよ。

 

 

途中でも言いましたが座席数が少ないので

観るときは席を早めに取ることをオススメします!