ゆずの坂

ゆずの坂

映画の感想や思ったことをただただ書いています

「去年の冬、きみと別れ」- 騙されない人はいるのだろうか?【感想・ネタバレ】

こんにちは、yuzufhanaです!

 

今日はですね

去年の冬、きみと別れ

を観てきました!

 

 

予告を見た時からめちゃくちゃ気になっていて

キャッチコピーである

「すべての人がこの罠にハマる」ということから

 

そんな罠に引っかかってたまるか!

という思いで観ました笑

 

 

それでは感想を書いていきます。

 

※ネタバレあり

 

 

スポンサードリンク

   

 

作品紹介

f:id:hitomishirikaizen1:20180314164304j:plain

 


映画『去年の冬、きみと別れ』本予告【HD】2018年3月10日(土)公開

 

あらすじ

新進気鋭のルポライター耶雲恭介。彼女との結婚を間近に控え、本の出版を目指す彼が目を付けたのは…
不可解な謎が残る、盲目の美女が巻き込まれた焼死事件と、その事件の容疑者である天才写真家・木原坂雄大だった。その真相に近づくにつれ、いつの間にか彼は、抜けることのできない深みにはまっていく―。*1

 

原作:中村文則

監督:瀧本智行

脚本:大石哲也

 

キャスト

岩田剛典

山本美月 斎藤工 浅見れいな 土村芳 北村一輝

 

 

一連の流れ

カメラマン・木原坂雄大斎藤工が写真のモデルにした盲目の美女・吉岡亜希子(土村芳を撮影中にろうそくが倒れ、火の海に巻き込まれ亜希子は死んだ。

容疑者として逮捕された雄大だったが姉の木原坂朱里(浅見れいなと弁護士により執行猶予がつき釈放された。

 

 

フリーライター耶雲恭介(岩田剛典)は結婚直前の最後の大勝負として木原坂雄大のことを書いた本を出すため、雑誌編集長の小林良樹(北村一輝に頼み事件の真相を明らかにした記事を書かせてもらえるように頼み雄大への取材をすることになる。

 

 

雄大への取材を開始した恭介は取材をしながら真相を探るべく彼が10歳の頃に起きた父親が殺害された事件や高校時代のことなどの聞き込みをしていた。

父親を殺した犯人は捕まっておらず、高校時代は友達の彼女を何日も監禁したり、唯一の肉親になる姉の朱里との度を超えた仲の良さまでわかった。

 

 

恭介が雄大への取材中に婚約者・松田百合子(山本美月から電話がきたことで雄大に彼女の存在を知られる。雄大は百合子に興味を持ち始めていた。

 

 

恭介は取材や聞き込みから作った記事を小林に見せるが真相を掴めていないことからOKがなかなか出ずにいたため、雄大の姉・朱里への取材をすることを小林に伝える。

恭介が百合子に仕事が終わるまで結婚式の先延ばしをしたい、と提案したことで2人の間に溝が出来始める。

 

 

恭介が雄大に取材に向かうが急遽キャンセルになった。

その代わりに雄大から「興味ないから」という理由から舞台のチケットを2枚もらい百合子と2人で行くことにした。

すると、そこには雄大が来ており百合子と会わせる形になってしまう。

その時、小林はホテルに向かっていた。向かったホテルには朱里がいて、小林は恭介が雄大についての取材をしていて朱里にも取材をしようとしていることを伝える。

小林と朱里は男女の関係であった。

 

 

ある日、百合子が働くお店に雄大が訪れ「君をモデルにしたい」と言った。

その日以降、百合子と連絡が取れなくなるがSNSの書き込みから雄大の元にいることが判明する。

恭介は雄大の元に行き彼女を返すように言ったが「彼女は望んでここに来た」雄大は言い、門前払いにあったため警察に行ったが取り合ってもらえなかった。

 

 

小林が編集部にいると恭介から電話がきて雄大の家に今すぐ来て欲しい、と伝えられ朱里に雄大が暴走するかもしれないからと電話するも留守電になっていた。

小林が向かうと雄大の家が燃えており、恭介は監禁されている彼女を助けに家に入っていき小林も後を追った。

そこには燃えている百合子の写真を撮る雄大がいた。

 

 

雄大は捕まるが火をつけたことを認めなかった。

百合子が死に、呆然とする恭介だったが小林に記事ができるまで待って欲しいことを告げて去っていった。

 

 

雄大は朱里からの手引きを待っていたが面会に訪れず、弁護士から記者に取材をしつこくされ憔悴していることだけを伝えられた。

この時、小林も朱里に何度も電話したが一度も出ることはなかった。

小林は部下に頼んで恭介について調べさせていたところ、恭介の経歴や名前が全て偽装されていることを知る。

恭介の本名は中園恭介で前までは金沢にある小さな書店で働いていた。

 

 

小林は恭介が働いていた書店に向かい聞き込みをした。

恭介は書店で働いていた時は婚約者の百合子ではなく盲目の女性・吉岡亜希子と付き合っていたことを小林は知る。

 

 

小林の元に恭介から完成記事が送られてきて中身を見たところ事件後に恭介が朱里に取材をしていたことを知る。

朱里に電話をするが電話を切られメッセージで「今話す気にはなれない」と送られてくる。

 

 

雄大の元に差し入れで表紙のない本が届けられ中を見ると「2人のYKへ、そしてAKに捧ぐ」と書かれていた。

小林は恭介から廃墟の一室に呼び出される。部屋に着くと恭介はいなかったがそこには雄大、朱里そして小林の写真が壁にたくさん貼られていた。

ふと部屋にある机を見ると雄大の差し入れと同じ本が置かれていた。

 

↓2人が本を読む

 

序章と書かれたところで恭介と亜希子の出会いから始まった。

2人は付き合い始め恭介が点字の勉強をしたり、2人で海に行ったりした。

ある時、亜希子は軽い事故に合いそこから恭介は亜希子に黙ってずっと見守っていたが亜希子にバレて別れることになった。

数日後、亜希子が雄大の撮影時に焼け死んだことをニュースで知る。

 

 

そこで小林の元に恭介が現れる。

本に書いてあることを追って全ての真実が話された。

 

 

恭介は雄大に会う前から関係する人たちに片っ端から聞き込みをしていた。

雄大の父親が殺された事件や高校時代の話もこの時に聞いていた。

 

そして朱里にも会って聞き込みをしたが薬を飲まされ、「私を抱いたら亜希子が焼けた時の真実を教えてあげる」と言われほぼ強制的に抱いてしまった。

真実は亜希子を焼き殺したのは朱里拉致の協力をしたのが小林だと教えられた。

 

 

ここまでの一連の事件は恭介の木原坂姉弟と小林への復讐劇だった。

小林が拉致を協力した理由は、木原坂姉弟とは2人が10歳の頃からの知り合いで2人の父親を殺された夜に小林は朱里に呼ばれ、父親を殺したのは朱里で自分が殺したことがバレないように小林に自分たちの腹部を刺すように言い、小林が2人を刺してしまったからであった。

そして婚約者の百合子は協力者であることを伝えた。

 

 

雄大の他人の女性を狙う性格を逆手に取り、恭介と百合子で打ち合わせをしてわざと2人の間に溝ができたように見せかけて雄大が百合子を狙うように仕向けた。

そして恭介は朱里に取材を装って会い、睡眠薬を朱里に打ち眠らせた。

 

 

百合子が焼かれた日は雄大が家を出たのを見計らって、眠った朱里を百合子とすり替えて火を点けた。

雄大が戻ってきた時にはすでに家は燃えていて中で燃えていたのを百合子だと思い込み写真を撮っていた。

 

 

恭介の復讐劇は亜希子を殺した朱里には同じ死に方を共犯者である雄大と小林には記事にして世間に出すことで完結した。

 

 

恭介は協力者である百合子に新しい身分証明書と大金を渡して金沢に帰った。

 

 

恭介は亜希子に別れを告げられたときはまだ別れているつもりはなかった。

しかし、亜希子が殺され復讐劇をすることを決めた去年の冬に自分が亜希子の彼女から化け物になることできみ(亜希子)と別れることを決めた。

 

 

感想

原作、脚本共に素晴らしい

原作を読んだことがないのですが

この作品は全く先が読めませんでした。

 

木原坂雄大のことを記事にしようとした恭介が

訪れた編集長の小林は事件でしか雄大のことを知らないと思ったら

10歳の頃からの知り合いで姉の朱里と男女の関係になる程だし、

 

単純に恭介はスクープを狙っているだけだと思ったら

大掛かりな復讐劇だし、

 

こりゃわかりませんわ(^_^;)

 

罠にかかりまくった

最初に罠にかかってたまるか!と言っておきながら

見事に罠にかかりまくりました(^◇^;)

 

恭介がずっと木原坂サイドに騙されまくり

結婚間近の婚約者が殺されたりとして

完全な被害者側かと思っていたら

 

全てが恭介の計画通りで

何枚も上手を取っていたことがわかった後半では

度肝を抜かれました!!

 

予告でも観たもの全員が騙されると言っていたのは

ハッタリじゃなかったな〜と思いました。

 

 

岩田剛典のイメージが変わった

正直、個人的には岩田剛典さんが所属する

EXILEや三代目JSBといったLDH系のグループが苦手なことから

演技下手なんだろ〜と敬遠していました。

 

しかし、今作でそのイメージがガラッと変わりました。

 

罠に引っかかるフリをして全て計画通りに進めていく、

という役はとても難しいと思います。

 

それを見事に演じきった岩田さんには脱帽です。

 

これからも岩田さんの演技を楽しみにしていきます!

 

 

最後に

観た数は少ないとは言え、

東野圭吾作品で伏線の張り方を最近観てきたので

軽く先は読めると思っていました。

 

東野作品の映画感想記事 

www.yuzufhana.workwww.yuzufhana.work

 

 

しかし、読めたと思っても読めていなくて

全く読みが当たりませんでした(^◇^;)

 

ここまで観ている人を騙せる映画は

そうそうないと思います。

 

この記事でネタバレをしていますが

ぜひ、観てみる事をオススメします。

 

わかりながら見るのも面白いと思いますよ!

 

 

それでは最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)