ゆずの坂

主に映画とアニメの感想を書いてます。

これが愛するということなのか… -「彼女がその名を知らない鳥たち」

こんにちは!

 

 

ブログタイトルを変えてから

一発目の記事になります。 

 

 

今日は

彼女がその名を知らない鳥たち

 を観てきたので感想を書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

   

作品紹介

f:id:hitomishirikaizen1:20171116211050j:plain

https://www.youtube.com/watch?v=4zHmryJgLOU


彼女がその名を知らない鳥たち (2017) 映画予告編

 

あらすじ

下品で貧相、金も地位もない15歳上の男・陣治と暮らす十和子は、8年前に別れた黒崎のことを忘れられずにいた。陣治に激しい嫌悪の念を抱きながらも、陣治の稼ぎのみで働きもせずに毎日を送っていた十和子は、黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島と関係を持つ。ある日、十和子は家に訪ねてきた刑事から、黒崎が行方不明であることを告げられる。「十和子が幸せならそれでいい」と、日に何度も十和子に電話をかけ、さらには彼女を尾行するなど、異様なまでの執着を見せる陣治。黒崎の失踪に陣治が関係しているのではないかとの疑いを持った十和子は、その危険が水島にまでおよぶのではとないかと戦慄する。*1

 

原作:沼田まほかる

監督:白石和彌

脚本:浅野妙子

 

キャスト

蒼井優 阿部サダヲ

松坂桃李 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック 中嶋しゅう

竹野内豊

 

 

キャストの演技力に引き込まれた

映画ポスターに書いてある通り

映画の内容に対しては

本当に共感できませんでした(^^;;

 

 

蒼井優さん、松坂桃李さん、竹野内豊さんの役は

徹底的にクズだし、

阿部サダヲさんの役は

The汚いおっさん尾行したりするし…。

 

 

観ていて胸糞悪さまで感じました笑

 

 

しかし、その胸糞悪く感じさせる

キャストの演技力にすごく引き込まれました!

 

 

あまりの演技力に鳥肌まで立ちました(^◇^;)

 

 

蒼井優が色っぽすぎる

とにかく蒼井優さんがめちゃくちゃ色っぽい…。

f:id:hitomishirikaizen1:20171116230325j:plain

個人的には全くタイプの顔ではないのですが(^_^;)

 

 

今回の映画の見所でもある

蒼井優さんのベッドシーン

 

 

正直、観ていて興奮しました!!

 

 

「本当にやってるんじゃないか?」

と思えるほどの演技力。

 

 

そこらへんの下手なAV女優よりも

エロかったです。

 

 

これほどベッドシーンの上手い女優さんは

他にいないのではないかな。

 

 

これが愛の究極体

キャッチコピーの

「あなたはこれを愛と呼べるか」

とありますが自分は

 

愛と呼べる

と思いました。

 

 

付き合いたい理由が体目的じゃなくてただ

「一緒にいたい」という気持ち。

 

 

最後まで十和子(蒼井優)に秘密を隠し通して

いくら酷いことを言われようが

違う男と不倫しようが

今一緒に居られる時間が幸せという気持ち。

 

 

陣治(阿部サダヲ)が十和子の犯した罪を

全て背負おうとする姿

 

 

いき過ぎているとは思うけど

この陣治の十和子への向き合い方が

愛の究極体なのではないかと感じました。

 

 

最後に

ラスト15分までの陣治は

ただの汚い気持ち悪いおっさんだと思いました。

 

 

でも残り15分での陣治が

すごくカッコ良く見えました!!

 

 

予告だけ見たときは

すごくドロドロした内容だと思っていましたが

見終わった時には

「これも愛の一つか」と思いました。

 

 

そして最初にも言いましたが

キャスト陣の演技力は素晴らしかったです。

 

 

ビジネス的なキャスト陣ではなく

実力と役に合った配役が

とても見事なものでした!

 

 

興味のある方は観てみてはどうでしょうか?

 

 

映画を見るなら「U-NEXT」

動画配信サービス「U-NEXT」では5000作以上の映画が配信されています。

蒼井優が前科持ちの不器用なヒロイン役を演じた「百万円と苦虫女」や阿部サダヲが藩を相手に大勝負に出た貧乏庶民の役を演じた「殿、利息でござる!」なども絶賛配信中!!

今なら31日間無料お試しキャンペーンをしているのでこの機会にぜひ試してみてはどうでしょうか?

▼U-NEXTの申し込みはコチラ▼